ネットで彼女を募集したい場合 一番先に思いつくのがSNS

ネットでの出会いで付き合える確率はどのくらいなのでしょうか

恋活が当たり前!? 【大人気の恋活】 ネットでも大人気の恋活サイト。恋人を探す恋活は今や様々なスタイルが存在します。恋活をしてみたいですか?それとも既に恋活中? 問:恋活をしていますか?経験は?(自社 ...

「ネットの口コミを見て、評判がよさそうなところに登録しました。私は特に美人でもないし、誰からも声がかからなかったらどうしようと思いましたが、登録してすぐに何人かの男性が声をかけてくれたんです」

ネット婚活でのデートは最初から最後まで1対1の可能性が高いです。大勢の中のキャラが、1対1のときとちがう可能性が出てくるかもしれません。意識的に友人同士の集まりを企画してもよいかもしれません。

夜デートの場合、初対面で相手のことがわからない状態なので、ネット婚活に限らない話かと思いますが、夜21時以降の待ち合わせは控えましょう。休日の日中などに会うのがオススメです。

実際に出会えたとしても、結婚にまでいたるかどうかも気になるところです。ネット婚活からの結婚の実態や、ネットで出会った人と結婚するにあたって気をつけてほしいことを澤口さんに聞きました。

ネットで彼女を募集したい場合、一番先に思いつくのがSNS。総務省の発表(2016年統計)によると、スマホ利用者の71.2%がなんらかの有名SNSを利用しているそう。

ネット婚活サイトやマッチングアプリを利用することで、出会いの幅が広がったり、効率よく好みの人を探せたりするメリットがあることがわかりました。それでは、実際にネットで出会って、恋愛関係に発展した人はどれくらいいるのでしょうか? 「ネットによる出会いの成功例」について調べてみました。

親御さんの中にはネットでの出会いに懐疑的な方が多いのも事実です。相手がまっとうで素敵な方であることを実際に見てもらってから打ち明けるなど、タイミングを見計らった方がよいケースがあります。

「学生時代、まわりの友だちには彼氏がいたけれど、私はずっとシングルでした。女性の多い職場に勤めたこともあり、このままでは一生ひとりかも、と思って登録したんです」
ナミさんも最初はネットの出会いにいいイメージを抱いていませんでした。しかし、幸せな友人たちを見ているうちに、自分から行動しようと決意したそうです。

ネットでの出会いで付き合える確率はどのくらいなのでしょうか。ネットで出会ったことがある女性たちに聞いてみました。

文字だけの交流では、お互いの容姿はわからないですからね。せっかくなので2人で飲みに行ったそうですが、まったく話がかみ合わず……。マユミさんも、その後はネットゲームを卒業してしまい、自然消滅してしまったそうです。当時はネットを通じた出会いはまだ一般的とはいえず、この経験を公言するのはためらいがあるとか。それでも、好きになったことは後悔していないし、楽しかったと語ります。

先述で、ネット婚活ではプロフィールを詐称して登録しても表面化しにくい、とお伝えしました。結婚前には年収など、重要なポイントはちゃんとチェックするようにしましょう。結婚してから嘘だったとわかっては、後の祭りです。

次に、実際にネットで出会い、お付き合いをするまでいたった女性たちに、その「馴れ初め」を聞いてみました。

ネット婚活サイトおよびマッチングアプリでは、独身証明や年収証明、学歴証明などの書類を必須提出にしているものはほとんどありません。よってプロフィール内容を詐称したとしても、表面上はわからない可能性が高いです。

マユミさんの気持ちに彼も応えてくれて、ゲーム内では公認のカップルになったそう。しかし、2人は新幹線で2時間以上もかかるほど離れたところで暮らしているため、しばらくはネット上で愛を育みました。
「たまたま出張で彼の住む町の近くへ行くことになり、ついに会えることになったんです。やさしそうな人を想像していましたが、待ち合わせ場所にいたのは、B系ファッションのイカつい兄ちゃん。『え? この人が!?』と思ってびっくりしましたね。でも、彼も同じようにがっかりしていたみたい(笑) 私は顔文字をたくさん使ってアピールしていたので、キャピキャピ系の女子を期待していたそうです。スーツを着た私を見て、落胆している様子がすぐにわかりました」

おすすめの記事