おっぱい イク 敏感

おっぱい イク 敏感

あなたももしかしたら、無意識に貧乳の女性のおっぱいを、その感触を確かめるようにじっくりと揉まない方かもしれません。

おっぱいを揉む際の注意点としては、女性のおっぱいは生理前であればおっぱいが張っている場合もありますので、そういうときに強く揉むと痛がる場合もありますので、優しく揉むようにしてください。

それにやはり男性におっぱいを揉まれないことで、より一層貧乳に対してのコンプレックスも大きくなっていくこともありますから、そのコンプレックスを解消してあげるようにという意味も込めて。

おっぱいを揉む際は、貧乳の女性であれば巨乳の女性であれ、揉み方自体に大きな差はありません。

おっぱいを鷲掴みにするというよりも、下乳を揉むようにするというか、おっぱいを持ち上げるようにするというイメージです。

というのは、ときどき貧乳の女性から「おっぱいが小さいせいか、あまり揉まれたことがない…」 というふうな意見をいただきました。

しかし、個人的には貧乳の女性にこそ、丁寧かつ愛情を込めておっぱいを揉んであげましょう。

前からおっぱいを揉む場合は、手をドーム型のような形にし、このスペンス乳腺の全てが指のどこかに当たるようにします。

しかし、そんなおっぱいでも性感帯として機能する神経が通っている場所があります。

何よりも、女性をセックスで本当に感じさせるときは、刺激の強い部分よりも刺激の弱い部分から触っていくのが基本ですので、そういう意味では最初の段階でおっぱいを揉むというのは理にかなっているともいえますね。

では、おっぱいを揉む意味は無いのかというと、そういうわけではありません。

また、おっぱいを揉むことで、女性に「次は乳首を責められる」という次なる予感を期待させることができ、心の部分からエロい気分にさせ、興奮を呼び起こすことが出来ます。

具体的なおっぱいの揉み方は後ほど説明しますが、おっぱいを揉む際は、最初は優しく、徐々にエロティックにしていくことがポイントです。

また、まだ女性の方がそんなに精神的興奮が湧き上がっていないときは、おっぱいを触ってもくすぐったがられることもあります。

おっぱいを揉む前に、おっぱい周りをフェザータッチをすることで、より神経を敏感にさせることができ、同じようにおっぱいを揉んだときや乳首へ刺激した時の感じかたが変わってきます。

おすすめの記事