また 不倫をしたいと思うのなら禁断の恋を始める前に「不倫の悩み

不倫関係の行く末に幸せはありません

一時期、アシュレイ・マディソンという会社が有名になったことがある。全世界を対象として不倫できる異性をマッチングさせている会社なのだが「実際は偽女性ばかりで出会えなかった」というニュースで大騒ぎになった。不倫相手探しはニーズがあるが、実際に探すのは大変ということがわかる。

そして、その関係が不倫に発展することもあるでしょう。

「以前、不倫していました。相手男性から『運命の出会いだ』ってLINEで口説かれ続け、最初は不倫なんかするつもりなかったのに、つい心を許してしまったんです……。

不倫関係の行く末に幸せはありません。

大抵の場合、彼は家族のもとに戻り、嫉妬と悔しさに駆られます。

すぐに忘れられれば良いですが、既婚者に恋愛した時点で、相当はまり込んでいる可能性はあり、ズルズルと引きずってしまうかもしれません。

会社で不倫がバレて、彼の会社における立ち位置が不安定になれば、相手の奥さんに強い恨みを買うかもしれません。

ひどい暴言を浴びせられたり、嫌がらせを受けるのも無いとはいえないです。

恨みを買ったことがきっかけとなり、精神的なショックを受けることも想定の範囲内だと思われます。

引きずるだけならいいですが、相手の奥さんにバレてしまい、慰謝料を請求され経済的な損失を被る場合さえあります。

不倫の代償として、数百万の慰謝料というのはダメージがあまりにも深刻 です。

そして、これまで好意があった彼の口から、「二度と関わるな」「お前なんか好きじゃなかった」という残酷な言葉を吐き捨てられるかもしれません。

会社の上司など職場が同じ既婚男性と不倫していた場合は、職場の人間環境が悪化して、会社を辞めざるを得なくなることもあります。

相手が重要な役職についていれば、会社を去るのは不倫相手の女性だけかもしれません。

仕事を失う、心のダメージははかりしれません 。

引きこもりは子どもよりも、大人の引きこもりが多いですが、原因の1つに仕事を失ったというのがあります。

仕事を失うというのは、それだけ深刻な精神的ダメージを与えるものです。

また、不倫をしたいと思うのなら禁断の恋を始める前に「不倫の悩み。既婚男性と付き合う事で出てくる問題点5つ」も是非参考にしてみてください。

始めから出会いを目的にしている利用者たちの集まりですから、浮気、不倫に発展するのも早いのです。

病院に行くと、先生や看護士さんとの出会いがありますので、そこから不倫に発展するというパターンもあるようです。

一般の方の多くは「出会い系サイトなんて今更誰もやらないでしょう」「利用するのは若者だけなのでは?」とお考えだと思います。
しかしながら、出会い系サイトをきっかけとした不倫は非常に多く、探偵社に依頼される浮気調査の中でも、常に上位に位置する不倫ケースでもあるのです。

また、ペアーズの強みでもあるセキュリティの管理体制も、不倫目的の既婚男性にとっては活動しにくいようになっています。

パートで出会う、お客さんと不倫をしている人はどのように出会っているのか、きっかけや出会い方について解説していきます。

出会いのきっかけ、定番の場所といえば「同窓会」は欠かせません。既に家族を持っている人がほとんどでしょうし、懐かしい思い出にひたれる、温かい人々の集まり…という印象のある同窓会ですが、見方を変えると「不倫したい」人達の、集団お見合いの場所(!?)のようにも捉えることができます。

出会い系を利用した夫の不倫では、いくつかの傾向がみられます。

おすすめの記事