エッチ好き 彼女

エッチを最高の愛情表現と考える男性は少なくありません。本気で好きだからしたくなるし、彼女が受け入れてくれることで、自分が愛されていると実感します。
恋人として付き合っていても、浮気されていないか、飽きられていないかと不安になる男性もいるでしょう。そういう人は、会うたびに彼女の愛を確かめたくなり、その手段としてエッチすることもあるんです。

「彼女とのエッチ≒オナニー」な男子は、とにかく無言です。体は彼女と交わりあっているのに、心はどこか違うところに行ってしまっている。誰か他の人のことを想っているのか知りませんが。

逆に「好きだからする」エッチであれば、言葉を通じて、体だけじゃなくて心まで交わろうとするものです。

名前を呼んだり、「かわいいよ」と言ったり、「どうしたらいい?」「痛くない?」と聞いたり、内容はなんでもいいですが、何か自分に話しかけてきてくれる。

動物じゃないのです。愛ある人間同士のエッチには、言葉を通じて感じ合う必要があるはずなんです。

セックスをしなくても生きていけますが、仕事をしなくては生きていけないのです。休日や仕事を終わらせた後、時間に余裕があると気づいたときに、「エッチをする時間がある!」とか「風俗に行く時間がある!」と考える男性はいます。

そうした瞬間に男性は急にムラムラとすることがあります。それは実際にエッチな行為ができる余裕があるからこそムラムラするのです。確かに男性はムラムラと欲情していることが多いのですが、分別を見極める人がほとんどです。

たとえば彼女から誘われたにしても、タイミングが悪ければセックスでも断らざるをえないものなのです。ですので、男性に余裕がないときにそっけない言動を取られたとしても気にしなくても良いかもしれません。

あなたはエッチが好きですか?

「ハイ!」と答えた方。安心してください。実は世の中の女性の約9割がエッチが好きだと答えています。

そもそも人間は本能的にセックスが好きなようにできています。もちろん個人差があるので、中には好きではないと答える方もいらっしゃいます。

ですが、セックスは男女が愛を確かめ合うために行う重要なもの。女性だって好きな男に抱かれたいと思うのは当然です。

もし、「私、エッチが好きで恥ずかしい」と思っているのであれば、全く気にする必要はないのです。

バイト先で知り合った女の子が好意をもってくれて 人生で初めて付き合うことになりました。

付き合う少し前にその子が自分に好意を抱いてくれていると確信が持てたのですが その時の自分は殆どエッチのことしか頭に無い状態でした。
それに自分に好意を向けてくれる人がいるということで 凄く舞い上がってしまっていました。

結局その時はエッチせずに別れ、後日ホテルに行きました。
そして、その後になって初めて確認する形で
「付き合うってことでいいんだよね?」と言われ そのつもりだったこともあり、付き合うことになりました。

その子とは遊びや音楽の趣味も合い 会って遊ぶ度に凄く楽しいと思っていますし その都度また会いたいという感情もあります。

しかし、その度にこの感情が
「自分の趣味に付き合ってくれて、エッチもさせてくれる都合のいい子」としか相手を見ていないんじゃないかと不安に駆られて
相手の子に自信をもって「好きだ」と伝えられません。

会うとその子が自分のことを褒めてくれて 好きだと言う気持ちを伝えてくれる度に
「じゃあ自分はどうなんだ?」と自問自答しています。

付き合う前に物凄く失礼な態度を取ってしまったし 同じような好きかどうかも自分でハッキリしていない状態のままで
相手に好きだと伝えることができず 相手の子を常に不安にさせてしまっています。

一度このままの状態を維持し続けるのは駄目だと思い 思い切ってすべてを正直に打ち明けて相談しました。
その子は薄々わかっていて
「束縛もしないし、他の男の子の話をしても たいして嫉妬するわけでも無く興味なさそうにしていた。
普通は本当に好きなら少しくらい束縛するものだ」と話してくれました。

一度その子の方から
「私は好きだけど、あなたがハッキリできずに苦しいなら
友だちの関係に戻った方がいいと思う」と言われ 凄くショックを受けたのと同時にそうまで言わせた申し訳の無さと
今までの関係を崩したくないと強く思い 「今までの関係を続けて欲しい」と頼みました。

自分が関係を崩したくないと思ったのは相手の子が好きだからなのか やっぱりエッチできる相手を失いたくないだけなのかで自問自答して答えが出ません。

もし、好きなのだとしたら
なぜ自分は相手の子を束縛したり・嫉妬心を抱いたりしないのか その子がいつも自分を好きだといってくれているから安心しているのか。
もう訳がわからなくなってきています。

どうか、アドバイスなどがあれば、是非ともよろしくお願いいたします。

彼女が寝ている姿というのはとても無防備で、ともすればイタズラをしたくなってしまうものです。実際に睡眠している姿はもちろんのこと、ベッドに横たわっている姿でも、ゆったりとした姿でリラックスしている様子を見ると、男性はムラムラすることがあるものです。

男性は女性のことをいつでもよく見ているもので、たとえばデートの最中に信号待ちをしているときなどでも、彼女の視線を瞬時に見抜き、自分の方に意識が向いていないことを知ると、彼女のうなじや髪、耳などをつぶさにじっと見ることがあります。

こうした無防備な瞬間は、ふだんのエッチをしているときなどとは違い、彼女の違う一面を垣間見ることのできる瞬間です。そうした気付かなかった魅力を目の当たりにすることで、ムラムラすることもあるでしょう。

社会人として働く男性であれば、仕事に時間を割かねばなりません。そうした男性は時間に追われていますし、限りあるリソースである時間を有効に使わなくてはいけません。ムラムラするのは生理的欲求ですが、それすらもコントロールしなくてはなりません。

セックスというのは日常的な生活の営みのひとつなので、プライベートな時間でもセックスができる時間というのは限られており、余裕をもっておかなければできない行為です。ふいにムラムラしてしまっても我慢しなくてはいけないものです。

社運をかけた仕事が大詰めのときなど、およそエッチをしている余裕がないものです。逆に言えば、余裕があるときならエッチができるのです。セックスと仕事を比べたときの優先順位は、多くの男性にとって仕事であることが少なくありません。

トラウマという用語が周知されるようになってからは、過去のトラウマをふとしたきっかけで思い出すフラッシュバックという言葉も認知されるようになりました。

誰でもささいなきっかけで過去の出来事をふと思い出すことがあるでしょう。ときおり男性はそうした形で性欲を喚起されることがあります。

例えば、前の彼女とよく来た場所を通ったり、よく通ったラブホテルの辺りを歩くことで、当時のセックスを思い出したりすることがあります。またエッチな本を好きな人は本屋に近づくだけでムラムラする人もいます。ムラムラするきっかけとしてはそれで十分なのです。

男性にとってキスは愛情の証であると同時に、ペッティングとして愛撫の手段のひとつです。欧米の人たちはキスを挨拶としてすることがありますが、日本の男性にはその感覚は薄いと言えます。

特にマウストゥマウス、口と口とでのキスは特別の相手としかしないのは女性と同様です。軽いキスであればムラムラしない人もいるかもしれませんが、それでもエッチな気分になってしまう男性もいます。彼女と軽いキスをする場合は、必ずしもエッチをする場合とは限りませんね。

人間はおおよそ口を呼吸、食事に使い、キスを行うのもそれに比べれば頻度は低いものです。だからこそ性的にムラムラさせうるものなのです。特に口内などは食事のためもあり、舌など敏感で細やかな動きができる器官になっています。刺激されればムラムラと興奮するのも仕方ないものです。

男性の性欲はおおよそ積み上がっていくもので、何らかの手段で解消しない限りは溜まり続けていきます。これは怒りなどと同様で、何らかのきっかけで解消される前に「泣き面に蜂」のように積み重なることでどんどんと鬱憤が溜まっていくのと似ています。

我慢が1ヶ月など長く続くと、男性のエッチをしたいというムラムラとした気持ちは逆に低減するとも言われています。これはその男性がもともとどれくらい性欲旺盛であるかで変わるとも言えます。

正常位で彼に突かれて感じているときに、さらに快楽を味わおうと自分で乳首やクリをいじる。こんな乱れた姿に男性も興奮絶頂!女性が自分で触わるのって、女性としては恥ずかしく思うような姿でも男性にとっては絵になります。また、自分だからこそわかる気持ちいいところをいじれば、さらなる快楽を味わえるでしょう。
彼とのエッチがもっと充実したものになるように、彼が喜びそうなことをしてあげるのもいいですね。お互いのことを喜ばせたい、満足させたいと思い合えるセックスができれば彼との愛が深まっていくこと間違いなしです。

またフレンチキス、いわゆるディープキスは口内の粘膜を刺激し合うので、より強く性欲を刺激する行為です。ディープキスはキスの中ではもっともペッティングとしての色合いが濃い行為です。彼女とする場合でもディープキスなら、エッチを想定したものとなりうるものです。

キスはエッチを盛り上げるためのペッティングとして、男性からはもちろんのこと、女性からアピールする手段としてうってつけです。キスは口で行うので同時にボディタッチもすることができ、さらにキスを過激にすることで緩急をつけることができるのです。

このキスもフェチとして、好きな人とそうでない人がいます。キスが好きな人は唇や口内の感覚が敏感だと言えます。また本人は敏感でなくとも女性の唇にムラムラする人がいて、厚い唇と薄い唇のどちらにムラムラするのかも分かれるのです。

男は好きではない女ともセックスできるといいます。そんな男の欲望を聞いて、付き合っている彼氏はいるけど体が目的なの?と不安を抱くこともあるでしょう。愛されている彼女だからこそされるエッチ中のあれこれ。男が本当に好きな女にするセックスの特徴とはどのようなものでしょうか。

同じく女性が着替えている瞬間というのも、男性にとっては実際に目にする機会が多くない瞬間です。女性の下着と水着は、男性にとって違うニュアンスをもつアイテムです。水着をある程度見慣れていたとしても、下着は新鮮に映るものなのです。

彼女が着替えている瞬間というのは、無防備であったり体をかがまる動作が多かったりするなど、男性にとってムラムラさせる要素があります。

おすすめの記事