旅行や食べ歩きなど 外に出かける趣味も出会いが期待できます

旅行や食べ歩きなど 外に出かける趣味も出会いが期待できます

「つまらない人が多い」といった、会員の性格を不満に思う人が見られました。

マジメな人たちと真剣な婚活ができる反面、くだけた感じの気軽な出会いには向かない環境のようです。

このサイトはその名の通り、イベンツ=イベント企画が多いという意味で、40代の婚活や出会いをもっとカジュアルにしたい人向けの街コンとなっています。

『Pairs』は2019年の1月に累計会員が1000万人を突破! マッチングアプリの中でも指折りの人気を誇り、出会いのチャンスの多さはピカイチです。

そうした膨大なユーザーから、好みのお相手を探しやすいのもPairsの特徴。

結婚相手へのホンネ調査、「やっぱり違った」率が最も低い出会い方はどれ?

また、社会人写真サークルに参加するのも出会いが広がる方法のひとつです。

出会いやすかったり思ってもみないフィールドの人とつながれたりするのは良いのですが、その分、好みではない人もたくさんいるのはイマイチ。
また「これ他の女性にも送ってるでしょ!」的な定型文のメッセージが送られたり、手当たり次第いいねをしたりする人もいて萎えた。
(女性/33歳/愛知県)

出典:Appliv出会い「マッチングアプリ体験談」

ほんの少しの勇気とは「新しい出会いの場に参加すること」です。

結婚相手に見つけたくて、「ゼクシィなら冷やかしではない真剣な婚活ができそう!」って思ってはじめました。
出会った男性の中に、見た目も高校や中学のクラスで必ず1人はいるタイプの人で、最初は「親切そう」って人がいたんですが、話してみると笑えるような話も突っ込みどころもなく、可もなく不可もなくといった感じで……。真面目な人が多いだけに、くだけた感じの人・面白さには欠けると思いました。
(女性/32歳/群馬県)

出典:Appliv出会い「マッチングアプリ体験談」

のように、「普段はさほどモテないのに出会える!」「低スペックなのにモテた」といった口コミもあるほど。

会える確率や口コミを見てもわかるように、実はマッチングアプリは「どんな人でも出会いやすい場所」なのです。

アンケートで“マッチングアプリを利用する主な目的”を伺ったところ、ヤリモクで利用していたのは「わずか11.3%」。いかがわしい使い方をする人はごくわずかで、実は健全な出会いを探す場所として利用されているのです。

旅行や食べ歩きなど、外に出かける趣味も出会いが期待できます。休みのふらっと立ち寄ったお店や、旅先で素敵な人に出会えるかもしれません。

これまで付き合ったことがなく、何か手は無いものかと思い、たどり着いたのがマッチングアプリでした。
いろいろな女性とメッセージしていく中で、だんだん連絡を途絶えさせる「自然消滅狙いの人」がいたり、いいなと思っていた女性が他の男性と結ばれたりしてつらいこともありましたが、無事に1人の女性とお付き合いできました。現在「交際11ヶ月」で、マッチングアプリには満足しています。
(男性/33歳/福島県)

出典:Appliv出会い「マッチングアプリ体験談」

「会員数が少ない……」といった、出会いの数の少なさを嘆く声もちらほら……。

「まずは会ってから相性を確かめたい」といった“気軽な恋活”向きだからこそ、さほど出会いの数が少なくなっている気はしませんが、より多くの出会いの数を求めるのであればやや物足りないのかもしれません。

前の彼女と別れてからしばらくたった際にFacebookの広告で知って、「ゼクシィなら有名だし信頼ができる!」と思って使い始めました。
付き合うまでには至らなかったんですが、坂口杏里似の女性と数回デートできましたし、実際に業者は少なく信頼できる運営会社だと思います。
(男性/29歳/北海道)

出典:Appliv出会い「マッチングアプリ体験談」

「アプリの出会いなんて、どうせサクラばっかり!」と思う人もいるでしょうが、マッチングアプリでは「絶対にサクラはいない!」と断言します。

おすすめの記事