ネットには時間も場所も国境も関係ありませんからね

ネットには時間も場所も国境も関係ありませんからね

ネットを使えば今までには考えられなかったほど多くの人と関わり、出会えます。しかもお金をかけてどこかへ会いに行く必要はありません。自分の好きな場所にいながら世界中のどこにいる人とでも繋がれるのです。

現代のアメリカのカップル事情について最新の研究結果が発表された。米スタンフォード大学の研究者らがまとめたデータだ。この研究で浮き彫りになったのは、インターネットが人々の出会いをどう変えたか、だ。

4つ目のデメリットは、気に入った相手がすでに他の異性とも連絡をとっている可能性があるということです。マッチングサイトを利用したネット婚活では、複数の異性と同時にやりとりをすすめることができます。その条件は相手も同じです。自分が気に入った相手に、ライバルが何人もいた…という可能性もあるのです。ですから、もし途中で相手からお断りされてしまっても、あまり落ち込まないことが重要です。気持ちを切り替えて、次の人を探しましょう。

ネットでの出会いはオフラインの出会いよりも軽いフットワークで動けるので、より効率的に自分に合う人を探せるのです。

いまやインターネットが大きく発達し、ほとんどの人がFacebookやTwitterといった各種SNSを利用している現代において、ネット上から繋がりが始まるということは決して不自然なことではなく、むしろ出会いにおいては非常に有用な手段です。

ネットでの出会いはいきなり直接顔を合わせて話をするわけではありません。まずはメールやチャットが主なコミュニケーション。

不特定多数の中から自分に合った人を見つけるのは根気のいる作業ですが、ネットでの出会いは少し違う。フットワークが軽くなることに加え、ネットには特定の人が集まる場所がある からです。

5つ目は、丁寧なやり取りを心がけるということです。ネット婚活では、途中までは文章でのやりとりがメインになります。そのため文章に誤字脱字が多かったり、書き方が乱暴だったりすると、相手の印象が悪くなりやすいです。礼儀正しく、きちんとした文章を書くようにすると相手とのやりとりもスムーズになります。さらに相手に真面目な人だと思ってもらえるように、本当に親しくなるまでは丁寧語を使った方がベターです。こうした基本事項に注意した上で、共通の趣味など盛り上がりやすい話題を相手に振ってみましょう。

当たり前のようにネットで知り合って付き合い、結婚をしている人がどんどん増えています。むしろネットを通した出会いが主流になりつつあるというのが現実なのです。

そのような状況からネットでの出会いは自分に自信がない人でも積極的になれるのです。積極的とは言えないまでも、実際に人と会って話をするよりかなり気楽なのは確かではないでしょうか。

ネットには時間も場所も国境も関係ありませんからね。海外などの遠く離れた場所の人と知り合うことも簡単。

ネットを通してのコミュニケーションは直接話をしているけれど、相手が目の前にいるわけではないし直接触れられないという状態。

3つ目のデメリットは、主体性が求められるということです。ネット婚活では、結婚相談所のようにスタッフによるきめ細やかなサポートは期待できません。マッチングサイトを利用した場合でも、自分で相手を見つけ、やりとりを進めていくことが基本になります。そのため自分から積極的に行動しないと、ネットを利用した婚活は成功しづらい傾向があります。ネット婚活では、相手からの申し込みを待つばかりではなく、自分からアクションを起こすことが求められるのです。

ネットを通しての出会いではいきなり自分の全てをさらすようなことはありません。ですから自分に自信がない人でも、積極的に行動しやすいのです 。

ネットを通しての出会いもリアルな人との出会いには違いありません。しかし、あくまでネットというフィルターを通した出会い。

おすすめの記事