出会い系アプリについて 詳しくはこちらの記事を読んでみてください

出会い系アプリについて 詳しくはこちらの記事を読んでみてください

結婚相手へのホンネ調査、「やっぱり違った」率が最も低い出会い方はどれ?

近場で遊べる友だちを見つけたい、恋人候補とアプリで出会いたいというようなカジュアルな出会いを目的とする場合、力の入りすぎたプロフィールは逆効果。絵文字を入れたり、写真もレジャー中などカジュアルなものを選びましょう。大切なのは趣味の欄。スノーボードや美術館巡りなど共通の趣味があれば「一緒に行きませんか」と誘いやすくなるもの。一緒に楽しめる趣味をいくつか書いておくのがおすすめです。自由記述欄では「~は月に〇回程度楽しんでいます」など掘り下げた内容を書いておくとよりいいでしょう。ただし、一人だけで楽しむような趣味は誘いづらい上に社交的でないイメージを持たれてしまう可能性があるので触れない方が得策です。

出会った男性は、LINE交換も直接会うまで控えてくれたり、お互いの意見が食い違ったときも「意見が違っても、僕たちの関係には何ら関係ないですよね」と言ってくれたり。ゼクシィ縁結びの男性は、落ち着いた人・結婚を真剣に考えている人が多いような印象があります。
(女性/26歳/東京都)

出典:Appliv出会い「マッチングアプリ体験談」

出会い系アプリについて、詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

婚活事業で上場しているIBJグループが運営する出会い系アプリで、15周年という歴史のある老舗アプリです。

ですがマッチングアプリの多くは「料金定額制」です。出会い系サイトで主流のポイント制とは違い、何通メッセージをしても料金は変わりません。

「料金定額制」はサクラがいくら活動したところで儲からないので、サクラを雇うメリットはゼロ。なので料金定額制のマッチングアプリに「サクラはいない!」と断言できるのです。

「アプリ上で出会える人の内面や外見などの“質”に満足してますか?」というアンケートに対し、「普通」以上と回答したのは、なんと全体の78%。

「マッチングアプリは、リアルの世界でモテない人が使うもの」という偏見を持つ人もいますが、実は当たり前のように普通の人と出会える「リアルな出会いの場と何ら変わらない出会い」なのです。

アプリのコンセプトを理解せずに利用してしまうと、婚活目的で始めたのに遊び目的の相手しかいないなど、目的に合った出会いができなくなってしまいます。

つまり、世の中平均より年収の高い有望男子と出会いやすくなっていると言えます。

匿名のニックネーム制で利用できますし、問い合わせや通報には原則24時間以内に対応するという配慮がされており、安全面でも高い評価を得ている出会い系アプリです。

彼女・彼氏候補として出会い、できれば長い付き合いを…と考えている人は「誠実さ」をアピールしましょう。と言っても「誠実な性格です」と書けば完了ではありません。まずプロフィール欄はできる限りすべて埋めましょう。自由記述ができれば「趣味・サッカー」より「サッカーを高校までやっており、見るのもプレイするのも大好きです」などと文章で答える方がイメージが湧きやすくレスポンスが来やすくなります。ここがおざなりだといい加減や遊び目的だと判断されてしまいます。そして写真は周りにいる人を想像させる写真がいいでしょう。みんなで遊びに行っている一場面のような写真や、友だちに撮ってもらったと思えるような自然な表情の写真です。周りに慕っている人がいることを感じさせるのがポイント。ペットと写った写真もいいでしょう。

基本的に40代の方がメイン層のマッチングアプリはないため、少しでも40代が多いマッチングアプリを選ぶ ことが重要です。男女共に、自身と同年代の相手を求めている方が多いので、40代の方は40代が多いマッチングアプリを使うと出会いやすいです。

恋活や婚活になると、つい身構えてしまう…というタイプの方にはピッタリの出会い系アプリです。表示された写メを見て、好きかな?嫌いかな?と判断するだけで良いので、気軽な気持ちでスタートさせたいならば最適なアプリだといえます。

40代が多いマッチングアプリでも、20代や30代の方が多いため、20代や30代の方と比べると40代は少し出会いにくいです。そのため、マッチングアプリを複数利用して出会いの機会を増やすのがおすすめ です。

数ある出会い系アプリの中でも結婚をしっかりと意識して活動している方が集まっているので、恋愛ではなく本当に婚活したい人には最適なアプリです。他の出会い系アプリに比べて中心に活動している年齢層が高めで、真剣に婚活ができるといえます。

おすすめの記事