許してもらえるなら女性のおっぱいを触ったり舐めたりしたいんです

許してもらえるなら女性のおっぱいを触ったり舐めたりしたいんです

俺は尚美さんのデカパイが一番の目当てだったので、無理に引き抜いた。
俺「尚美さん、俺、お願いあるんです」
尚美さん「何ぃ?」
俺「おっぱいで挟んで下さい」
尚美さん「いいよ。うまく出来るかなぁ」

母乳の生産に重要な役割を果たしているのは、おっぱい(ほとんどが脂肪組織)の大きさというよりも乳腺です。つまり、Aカップのママは脂肪組織が少ないだけで、DDカップのママと同じ量の母乳を作ることができるのです。余談ですが、男性が大きいおっぱいにひかれるのは、進化の過程に秘密があるとも言われています。

突然ですが、アナタは胸で感じますか?実は「女性ならおっぱいで感じるはず」というのが男性の一般的な認識です。だからまず気持ち良くなってもらえる、と信じて胸を舐めるワケです。

授乳中のママにとって、おっぱいはベビーに栄養を与えるという、それまでとはまったく異なる役割を持つことになります。しかし、パパには何の変化も訪れません。そこでよくあるのが、相変わらずママのおっぱい大好きなパパが、ベビーがそこにくっついているにもかかわらず、おっぱいを見てスイッチが入ってしまうこと。その視線が嫌なら、パパにははっきりと、見ないでと伝えましょう。でも、嫌じゃなかったら、授乳中でもパパの気持ちを受け入れてあげましょう。

俺「あぁッ! 尚美さん! 出そう! イクよッ!尚美さんの熟して垂れたいやらしいおっぱいでイクよッ! 乳輪! 黒い! おっぱいで! アァーッ…ウッ!」
何を言ってるのか意味不明だが。、あの時はとにかく興奮していた。

母乳が出るのは催乳反射と呼ばれる現象ですが、これはベビーが2分ほどおっぱいを吸い続けると起こるのが通常です。吸われることでオキシトシンの分泌が促され、母乳の生産が活発になるのです。この催乳反射、人によってチクチクと感じたり温かく感じたりすることがあります。

授乳は一見かんたんそうに見えますが、最初の数週間から数カ月はとても大変です。そもそもベビーをうまくおっぱいに誘導して正しく吸わせるだけでもひと苦労。これを1日に8~12回も繰り返すので、ママの乳首にひりひりとした痛みが生じることもあるのです。軽い痛みのこともあれば、血が出ることもあるなど、程度はさまざま。痛みだけでなく、1日に8~12回という時間の退屈さと疲労感も加わって、授乳中のママの大変さを実感できるようになるでしょう。

俺の中で何かが弾けてキスと同時に抱きしめた。
酒臭かったが、そんなことはどうでもよかった。
キスで口をふさぎ、あの夢にまで見た尚美さんのおっぱいを服の上からもんだ。
尚美さん「んんぅッ」俺は我慢できず服を脱がそうとしたが 尚美さん「シャワー浴びてないから」
俺「そんなの大丈夫。俺、今の尚美さんが欲しい」再びキス、舌を絡めたった。

俺は立ち上がり、パイズリしてもらった。
嫁は貧乳なので出来ないパイズリ、しかも毎日毎日焦がれた尚美さんのデカパイ。
相変わらず熟した黒ずんだいやらしいデカイ乳輪のおっぱい、近くで見るとポツポツが結構あってキレイではない。

男性は結局エッチな事が好きなんですよね。許してもらえるなら女性のおっぱいを触ったり舐めたりしたいんです。また、それが彼氏なら当たり前の欲求とすら言えます。彼らにとっては付き合う=Hな事ができる、というイメージが固まっているからです。

たいていの場合、授乳を始めて2週間程度でおっぱいが固くなってきます。これはベビーが正しくおっぱいにつかまれるようにするために大事なこと。でも、授乳と授乳の間に痛みが続くようなら、お医者さんに診てもらった方がいいでしょう。

授乳中の気持ちを尋ねると、ほとんどのママが、リラックスした穏やかな気持ちになり、ベビーへの愛着が形成されると答えます。中には、強い高揚感を覚えると言うママも。ベビーにおっぱいを吸われることでオキシトシンとプロラクチンが分泌され、授乳によるハイな状態がもたらされるのです。これを「milk drunk」(母乳酔い)と呼ぶ人もいるようです。

ベビーにおっぱいを吸われるとオキシトシンとプロラクチンが分泌され、そのオキシトシンが子宮収縮をもたらします。子宮収縮は不快感を伴いますが、後陣痛とも言われるこの現象、子宮を産前の大きさに戻すために必要なことなのです。

おすすめの記事