これはつまり欲求不満にどのくらい耐えられるかという力のことです

逆に欲求不満耐性が低いと、衝動買いに走りやすくなってしまいます。

では最後に、みんなの欲求不満の解消法を聞いてみましょう。

「私は欲求不満なことがあると、とにかく彼に甘えて解消したくてしかたがなくなりますね。彼と会えるときにはベタベタして、たくさん頭なでてもらったりとか。あとは膝枕してもらったりとか。

しかし、欲求不満耐性が強ければ、こういうときにも理性的に判断して「これより良いものがあるかもしれない」と考えたり、「似たものを持っているから必要ない」と判断できます。

これはつまり欲求不満にどのくらい耐えられるかという力のことです。これが弱いと、欲求に負けてしまいやすいということになります。では、欲求に弱い人はどんな特徴を持っているのでしょうか? 筆者の周囲の人などに当てはめて考えてみましょう。

テレビドラマや映画、マンガやアニメなど、非日常的で現実には起こらないストーリーにやたらと感情移入してしまうのは、自分の日常にある現実での欲求不満を代わりに満たそうとしているからかもしれません。物語世界の主人公は、普通ならありえない能力を使ったり都合よく奇跡が起きたりと、欲求を実現してくれる存在です。そこに自分を投影することで、フラストレーションを解消しようとするのです。

ヒトが普段抱えている欲求不満(フラストレーション)を同一視等の代替行為によって解消させてあげる。面白いコンテンツには必ずこの構図が含まれているのです。

いろいろなスポーツの競技だけでなく、筋トレでも同じ効果が得られます。また、オーガズムと同じような感覚を得られるトレーニングもあることから、性的な欲求不満も解消できる方法です。

おすすめの記事