出会いを広げるためにマッチングアプリを始める

出会いを広げるためにマッチングアプリを始める

「婚活サイトと出会い系アプリの違いについて詳しく説明します。」

恋人探し中の20代男性にとっては、同じ20代の女性が多く集まる出会い系アプリは、まさに出会いの宝庫。同じ世代同士、共通の話題から恋に発展するということも少なくありません。

出会い系アプリにおいて、イケメンすぎる写真はサクラを疑われることも多いため、あまり良い印象ではないと思っていいでしょう。

20代後半男子。上京したはいいが出会いがまったくなく、3年間フリーだった。
出会いを広げるためにマッチングアプリを始める。
複数のマッチングアプリを利用しながら研究した結果、数十名の方とデートできるように。
その経験を友人に教え友人も出会えるように成長した。

現在、20~30代の出会いを求める男女の5人に1人が利用しているマッチングアプリ 。
日本で最も累計会員数が多いのマッチングアプリ です。

真剣度が男性よりも女性のほうが低いというか、無料だからのんびり品定めしている人が多すぎるとかそういう感じで、結局出会いにつながらなくなってしまうんで、女性も有料にすべきだとは思います。

ペアーズは、マッチングアプリの中で会員数が多く出会いやすいことで有名ですが、その反面、男性会員同士のライバルが多く、いいねが貰えないという声も上がっています。

忙しかったり代わり映えのしない毎日で出会いなんてなくて、ただ恋がしたい、恋人が欲しいとぼんやり考えているだけでは、ただただ時間が過ぎていくだけ。どこかで自分からアクションを起こさなければ、いつまで経っても何も起こらないんですよね。ペアーズに登録してみれば、ものの数分できっと期待以上の世界の広がりに驚き「悩んでないでもっと早く利用すればよかった」と実感することと思います。

以上の理由から、出会い系アプリを利用する20代男性は増加傾向にあるようです。出会い系アプリにつきまとっていた「セキュリティ面での不安」も、アプリ側の対策強化や認知度の高まりから、飛躍的に解消されつつあります。

セッション後半では出会いの「アタリとハズレ」がテーマになった。白河さんは「ハズレっていうのは本当に人それぞれ」と強調する。

ペアーズで知り合った彼とお付き合いして3ヶ月になります。初めてのデートからお付き合いするまでの経過は普通の出会いとなんら変わりありませんでした。

今回の検証では、5人の女性と出会いましたが、サクラ(業者)やマルチ商法の勧誘をしてくるような相手には出会いませんでした。

「Pairs」に次ぐ、国内第2位の規模を誇る「Omiai(オミアイ)」。「Pairs」よりは結婚願望の強いユーザーが多く集まる傾向にあります。比較的価格が高めというデメリットはありますが、その分、真面目で恋愛に対して真剣なユーザーが多いというメリットも。安全で、確実な出会いをしたいという人におすすめのアプリです。

正直、ライバルしかいません。プロフ完璧・高収入・高学歴・有名大学・イケメン・仕事ばかりで出会いが少ない女側から見ればそんな方達にイイネが何百も集まっています。

前置きが長くなりましたけど、結論としてはペアーズはサクラ(偽物の会員)もいない、会員数も多くて、きちんと使えばそれなりにいい出会いが見つかるマッチングアプリですよ。

おすすめの記事