「好きな人とは いわゆるセフレ状態

こう話すのは セフレ歴1年のA子

女性は男性に「セフレにされた」と悔しがったり、悲しくなったりする事があるかもしれません。
でも、それは自分が好意を持つ男性が自分をいい加減に扱っている状態なので辛かったり寂しくなったりするんです。
視点を変えて考えてみてください。
セフレにされるのとセフレを作るのでは全く気持ちが違ってくると思います。
相手にいいように使われるのではなく、こちら側が相手をいいように使うのです。
このような割り切った考え方が出来るのであれば、セフレを持つことに戸惑いはなくなると思います。

だめ!もうすぐ給料日だから給料がはいってから買う!と自分をしっかり管理できる理性をもった女性ではなく、「もうすぐ給料日だし買っちゃえ!」など感情を制御できない女性もセフレになりやすいです。

女性は寂しさや不安を感じやすい生き物です。
彼氏がいても、「会えない」「寂しい」「彼が本気か不安」という気持ちを常に抱きます。
そのような時はセフレになりやすいのです。

恋愛に依存しがちな性格の女性であれば、彼氏が出来るとどうしても彼氏に一点集中してしまいのめり込んでしまいすよね。
でも、そうなると彼氏に段々「重いな」「面倒くさいな」と冷たい態度を取られてしまう事もあるはずです。
そのような状態になれば、ますます彼への依存度は高くなり、彼氏のことだけしか考えられなくなります。
こういう執着型の恋愛は自分をドンドン苦しめ、ネガティブな気持ちだけを膨らませていきます。
このような女性は、セフレをあえて作り気持ちの分散を測ることで、彼氏に全部まかなってもらわなくても大丈夫という自信を持つ事もできるようになります。
彼氏もある程度の放置時間をもらえるので、彼女に対しても優しくなり、関係も良好に進んで行きます。

特に、実家住まいの夜遊び女性に多いタイプのセフレです。
個人的にはこの手の特徴をもった女性は、外見がとても綺麗なのに「いいの?」って子がいます。

では、女性はどうなのでしょうか?
女性にはセフレ願望ってないのでしょうか?
難しいところですが、これはあると言えます。

どうしても自分の見た目や内面に自身がもてない女性はセフレになりやすいです。
こういった女性は、ちゃんと理由付けして褒めてあげたり、そんな事ないよと言ってあげると喜びます。

そういった女性は、物静かで中々自分の気持ちを伝えようとしない「うさぎ」ちゃんです。
でも、こちらが少しでも冷たく対応してしまうと、違うセフレへ移動します。

こう話すのは、セフレ歴1年のA子。

女性がセフレを作るためには、気持ちの割り切りとセーファーセックスが大切です。
自分のメンタルを常に「この男性はセフレだから好きにはならない」と平らに保つことができ、なおかつその男性と安全にセックスすること。
この2つをしっかりと守らないと、本命の彼を失う事に繋がります。
セックスをする以上、妊娠や性病のリスクとは背中合わせの状態です。
妊娠はもちろんのこと、セフレからうつされた性病を彼にうつすなんて事は避けたいですよね。
しっかりと避妊や性病対策をしたうえで、気持ちが割り切れるならセフレを作っても良いのかもしれません。

あなたにも私と同じ事がおこるかもしれません。
セフレを作るも作らないもあなた次第です。

「好きな人とは、いわゆるセフレ状態。だからデートもしないし、よくてたまに食事に行くくらい。

本命の彼とのセックスだと気持ちよくなくても気を遣って気持ちいいフリをしなくてはいけないので楽しくない分、他で発散して心のバランスをとるのだとか。男性の場合はセフレには体の相性を第一に求める……という人が多いですが、女性の場合は「癒やし」など精神的な面でのサポートを求めて、 相手が求めてきたらセックスもする、という人も多いのかもしれませんね。

そしてCは、セフレと言う関係ではなく、男性もワンナイトラブで終わらせる可能性が高いです。
男性から連絡がなくなるパターンです。

「エッチはするのに、彼女になれない」これはとても辛いものですが、どうしたらセフレ女子を卒業できるのでしょう?

おすすめの記事