セフレ作る 関係性

セフレ作る 関係性

見てはいても返信せず、返信するときはエッチしたくなったとき……。そんな不誠実さも、セフレであれば許される、と多くの男性は思うのでしょう。

セフレの関係では、まず一緒にデートに出かけることはないと思っておいたほうがいいかもしれません。会ってすぐにホテルへGO、そしてエッチをするだけの割り切った仲が最も望ましい。

女性であっても、欲望はあるし時にはセックスしたくてたまらなくなる時もあります。セフレを作るのは、この欲求を満たすためという理由がもっとも多いといえるでしょう。

自分にプラスになることもあれば、マイナスになることもある。それがセフレを作る上で知っておかなければいけないことです。これらを見て、どうするかはあなた次第。どちらにせよ、悔いのない人生を送れるよう、慎重な判断をしましょうね。

女性から見た自分が「都合よくセックスできる相手」でOKぐらいの、懐の深さと心の余裕を見せれば自然と関係は良好なものになります。

それでも、普通とは違う関係だからこそ、ハッキリと伝えたほうが自分自身も楽しめるということは言えるでしょう。

「出会い系でセフレを作るなんて無理」「所詮サクラばっかりなんだろうよ」
こういう思考は非常に勿体ないですよ。
最初はイマイチ釣れなくても、利用を続けて経験を重ねていけば、多くの女性を抱くことだって可能です。
サクラっぽいメールだって、単に相手にしなければいいだけの話ですしね。

結局、恋人のようでいて恋人ではない、でも恋人のような行いをしているわけで、それはどちらかにできた本命からすれば「浮気」以外の何物でもないわけです。まさか「セフレです」なんて言うわけにもいきませんしね。恋人ができてもセフレ関係が解消できない為に起こってしまう悲劇です。

そのため仕事や本名、予定なども嘘をついてあなたに伝わっている可能性があります。一方的にめんどくさくなってしまったり、本命の彼女ができたときにスパッと関係性を切っても連絡が来ないようにと考えて嘘をつくようです。信頼されていない可能性もあるといえるでしょう。

女性との間にしっかりと信頼関係を築くことができたら、セックスをするのはそこまで難しくはありません。あとは自分のセフレとなることを女性に了承してもらうだけです。いわゆるクロージングですね。

セックスをするときにしても、キスの回数や時間にも違いがあります。本命の場合は、気持ちよくしたいから男性も頑張ることが多いかもしれませんが、セフレの場合はイってしまえば終わり、ろくにピロートークもなしということもあります。

セフレから始まった関係が「友人」や「恋人」という関係に移行すれば、彼らの関係はすでにセフレではなく、「友人」あるいは「恋人」です。「友人」や「恋人」たちに「肉体関係のみ」 というセフレの原則は必要ありません。

セフレという人間関係は、「家」に代表されるような固定された人間関係の反対側を漂う ものです。そしてそれは、「友人」や「恋人」などの、「家」という固定の外側へと逃れていくやや流動的な移行であると同時に、半固定的な関係を要求する持続目的の人間関係の「危うい隣人」でもあります。

出会い系サイトでセフレを作るために大切なこと…
それは「諦めない心」そして「気楽な気持ち」です!

スタートが「欲望の処理」という観点で始まった二人が、今後一から信頼関係や愛情を築いて行くというのは、とても簡単に出来ることではないんです。

おすすめの記事