究極の中イキはポルチオ性感帯で女性をオーガズムに導くことです

「男性からみる中イキの難しさ」

多数の女性が経験している外陰部刺激で得られるオーガズムはほとんどの女性が経験できます。緊張と弛緩、膣の収縮など、とても分かりやすい現象です。これと同じようなわかりやすい感覚を【中イキ】に求めるから、70パーセントの女性が経験したことが無いというのではないでしょうか?

彼女は中イキできるようになったことで重荷が取れたように感じるとも言っています。

「男性からみる中イキの難しさ」

すると朧気ながら彼女なりにイクということを理解し始めた様子でした。
そこからは4回、5回、6回・・・と何度も中イキを重ねて、「これがイクっていうことなの!?」と次第に自覚し始めていましたが、同時になんだか納得いっていないような感じでした。

膣壁の内側にもGスポットは埋もれていますので、指圧するイメージで押していきましょう。Gスポットを開発し、ペニスうまく刺激してオーガズムに導くことができれば『中イキ』の一つが成功ということになります。

そうすると、高確率で女性はGスポットで中イキします。しかし問題点があります。長時間(AV男優の指導書では20分以上と書かれています。)優しく刺激しなければならないので、勃起の持続力が不可欠なのです。

初イキ&中イキ開発というコースも比較的よく見かけますが、これはイクという経験をしたことがない人向けのコースだと言えるでしょう。同じようなコースにロストバージンサポートと呼ばれているコースもあるのですが、ロストバージンサポートは全く男性経験がない、いわゆる処女向けのコースになっています。それに対して初イキ&中イキ開発というコースは、中イキをしたことがない人、男性とセックスをしてイクことができないという人向けのコースになっているのです。

女性を虜にしてしまい、中毒にもなりかねない中イキですが、大きな問題点があります。『長時間の勃起持続力』が必要になります。

究極の中イキはペニスを挿入してポルチオ性感帯を刺激し、オーガズムに導くことです。

Gスポットの刺激、ポルチオへの刺激でオーガズムに導くことを『中イキ』といいます。外イキに比べ、難易度は高いといえるでしょう。

外イキにしても中イキにしても、最初はやさしくだんだん盛り上げていくというのは共通事項です。焦らず徐々に高めていく、これが基本です。

つまり中イキの仕方さえマスターしてしまえば、セックスライフが豊かになります。しかし、外イキやGスポットの中イキのみでは女性を虜にすることは難しいといえます。

【中イキ】したいけど出来ない、感覚が掴めない女性に、少しでも参考になれば、嬉しいです。

もし、今あなたがペニスのサイズや勃起の持続力に自信が持てないのであれば、精力増強サプリを試してみて下さい。女性をポルチオへの刺激によって中イキさせることへの近道かもしれません。

次にポルチオ性感帯です。究極の中イキはポルチオ性感帯で女性をオーガズムに導くことです。

おすすめの記事